ここか、BATTLEの会場は・・・イマイ[


絶体絶命アクメ凌辱 強き孤高の最強女戦士



書き込む 検索 最初
最新 移動 戻る
[←*前へ][次へ#→]

1) You
画像JPG/89KB

ルールは変わらず!

一つ! バトルタイプはHNの横に! 物語にあわせて自分(キャラ)を動かしてみてください! 自分の能力の説明は個人でお願いします!

二つ! 画像は自由で結構です(バトルシーンのようなカッコイイ画像は大歓迎ww もちろんその他もね♪)

そして三つ! 不死身・無敵は無しです! 同じことを言うようですが、誹謗中傷はご勘弁を・・・・・・

新しい人も、いつでも参加してくださいねww

それでは、その溢れ出るリビドーと欲望を開放しな!

颯爽登場! 触手森美人! BATTLEスレーッド!!

編集 コピー08/13 11:35
836) 影貴公子

>>835
『・・・続いて、事故のニュースです。xx市△△で夕方、ビルの屋上で爆発があり、消防が出動しました。この爆発により、付近の建物の窓ガラスが割れるなどの被害は多数、なお、怪我人などの情報は出ておりません。ー・・・続いてのニュースです・・・』


アレス「(ボーッとテレビを見ながら)…変な気配があると思ってたらこの爆発で消えたって事は…え、自爆?まさかのラスボス自滅?…て事は、オレら竜族がこの世界に留まるのが困難になるって事っすか…参ったすねぇ、まだ告白もしてないのに」

言いつつ、アレスはテレビを消して部屋を出ていった

編集 コピー 05/10 17:38
835) 影貴公子

>>832
???「よし、ちょっと雑だけど探すのも大変だし、押しちゃえ☆」

(ポチッ)

男が箱のボタンを押すと、箱が淡い光を放ち

???「・・・あれ?何か嫌な予感が・・・」

編集 コピー 05/10 17:23
834) Judithrap

wh0cd215076 viagra online
編集 コピー 04/29 17:13
833) ヒューズ(連合軍特殊部隊隊員)
画像JPEG/57KB

>>831
[建物の隅に身を潜め状況を確認している]

ヒューズ:…(隅から確認する)…マジだな…あんな物まで投入するたぁもはやバカクラスだ。
レナ:レクチャーで確認済みです。しかしなぜティターンズが?コロニー政権とは仲は悪いはずですよ?
ヒューズ:…これから分かるかもな…少し身を伏せてろ…(レナの頭を押さえ静かに身を潜める)

ティターンズパイロット:大人しく降伏しろ‼これ以上面倒をかけるなっ‼
反乱軍兵士:(リーダーっぽい男が瓦礫に身を乗り出す)…はぁ⁈寝言言ってんなっ‼んなデカブツ出して来たぐらいで決着つくとか思うなボケッ‼…ピィ〜ッ‼
ティターンズパイロット:ふざけてんのはお前だっ‼…おわっ⁈何だっ⁉

[男が口笛を鳴らすと周りから数人の兵士が現れ動いた瞬間のMSに罠を仕掛けMSをこかせる。ズズゥ〜ンと大きな音を立てMSが倒れる]

リーダー:(いつの間にかコクピットの上に立っている)…バカはお前だっ‼人間だからと侮ったな‼(ハッチの開閉レバーを引きコクピットを剥き出しにする)
ティターンズパイロット:バンッ‼(威勢良くハッチが開き剥き出し状態になる)…な、何だお前等っ⁉
リーダー:じゃあな…あの世で後悔しとけっ‼(リーダーらしき男はコクピットの中に手榴弾のピンを抜き数個放り込みその場を離れる)

[ズガァーーーンッ‼‼…地響きと共に爆発が起こりMSのコクピットが爆発しリーダーらしき男は反乱軍兵士を率いて数名の政府軍を囲みオドす]

リーダー:…命が惜しけりゃ失せろ…

[リーダーらしき男がオドすと全ての政府軍兵士は逃げ出し辺りは静まり返る]

リーダー:所詮は烏合の衆ってやつだな…(数名の兵士が落として行った武器を集める)…よしっ‼次行くぞっ‼

[反乱軍兵士達は号令と共に姿を消す]

ヒューズ:(一悶着を見ていて)…さすがは百戦練磨ってやつだ。デカブツ相手に眉一つ動かさなかったな…



編集 コピー 02/28 03:04
832) 影貴公子

>>817

???「んー…何かこう人間が多すぎてあの子達が何処にいるかわからないや〜。僕も余り長くこっちにいれるわけじゃないし、困ったなぁ(´▽`)」

男は笑顔のまま首を傾げ、上着のポケットから小さな箱を取り出した

???「もうコレ使って竜たちの魔力集めちゃおうかな〜?その方が早そうだし〜」

編集 コピー 01/20 11:40
831) ヒューズ(連合軍特殊部隊隊員)

>>829
(ヒューズとレナは裏道を使いながら少しずつ距離を詰める)

レナ:(壁際から辺りを見渡す)…少しお待ち下さい……っ⁈うわっ⁉(大きな爆音と共にレナもヒューズも後ろに吹き飛ばされる)…アテテテ…だ、大丈夫ですかっ⁉
ヒューズ:…おかげさんでな…(レナを見ると少し顔が赤い)…?…どした?どっかケガしたか?
レナ:…ち、違うんです…そ、そのぉ…
ヒューズ:(よく見るとヒューズの手がレナの胸を掴んでる)…Σ( ̄ロ ̄;)こりゃ失礼(笑)
レナ:…あのぉ…
ヒューズ:…何?
レナ:まだ触られた事ないんですけど⁈
ヒューズ:今が初めてって思えよっ⁉それに不可抗力じゃねぇかっ⁉
レナ:(あまり良い顔はしていない/笑)…(少し無視した感じで)…‼…MS接近‼政府軍の物です‼…ん?何あれ⁈…まさかっ!ティターンズっ⁉
ヒューズ:確かかっ⁉
レナ:あの派手な機体はティターンズですよ‼しかも部隊章を削ってます‼…どういう事っ⁉
ヒューズ:動くなっ‼…こっちには気付いてない。様子を見るぞ。

[2人は政府軍と反政府軍のやり取りを一部始終見過ごす]


編集 コピー 01/09 01:25
830) メビウス(影貴公子)

>>810

メビウス「…(大和を眺めつつ)…つくづく、人間と言うのはたいしたものだ…我々竜族では思い付きもしない物を考え、作り上げてしまう…」

ヒューズ「何だよ急に、気持ち悪いな…」

メビウス「余は褒めているんだが」

ヒューズ「だから急に褒めるのが気持ち悪いんだってばよ。お前らしくねぇし」

メビウス「…ふん、たまには人間の文明とやらを認めてやろうと思ったんだが…やめだやめ」

ヒューズ「おいおいメビウス、拗ねるなよ」

メビウス「拗ねていない。少々不機嫌なだけだ」

ヒューズ「…それを拗ねてるって言うんじゃねぇか…?」





※流れ分からずに投下デスノー!

編集 コピー 09/30 20:52
829) ヒューズ(連合軍特殊部隊)
画像JPEG/118KB

>>828
ヒューズ:(…んでどうするんです?)
トーマス:(とりあえず彼女のバックアップをしてやれ)
ヒューズ:(了解…通信を終わる)
[端末をしまう]

ヒューズ:…許可は降りたからキミのバックアップをするよ。
レナ:ありがとうございます‼
ヒューズ:…でも忘れるなよ。これは俺達の戦争じゃない…必要最低限の調査が済み次第すぐに撤退する。
レナ:了解しました。
ヒューズ:キミの気持ちも分かるが今の俺達の戦力ではとても太刀打ちは出来ん。それにムダに戦力を失いたくはないと言うのが司令官の第一目的でもある。
レナ:はい。ムリを言ってすみません。
ヒューズ:…まぁあの人もそういう心意気をないがしろにはしたくないとも考えてるとも思う。だからサッと終わらせてカタをつけよう。
レナ:ありがとうございます。ではその工場に行きましょう‼
ヒューズ:あぁ…それとコレ使いなよ。(AKをレナに渡す)
レナ:でもそれじゃあ…
ヒューズ:俺は現地調達するよ。こんな状態だからその辺に転がってんだろ?
レナ:色々ありがとうございます。ではその工場に案内します。
ヒューズ:とりあえず今はそこら中でドンパチやってるし有人兵器もウロウロしてたからな…ゆっくり進むか。工場まではどれくらいだ?
レナ:ここから約4〜5kmぐらいです。裏通りや小道を使って向かいましょう…でも裏通りや小道は監視されてる場合もありますのでそれに注意しながら進みましょう。
ヒューズ:援護が受けられないからな…出来るだけ隠密行動で進むぞ。
レナ:了解。では参りましょう…

[2人は部屋を出て周囲を警戒しつつ問題の場所へ向かう]


編集 コピー 06/21 12:02
828) ヒューズ(連合軍特殊部隊)

>>827
ヒューズ:そこら中から?…って事は反政府軍が一斉に攻撃し出したって事か?
レナ:…最初はそうかと思っていたんですがおかしな点が見当たりまして…私達に攻撃を加えたのは実は政府軍の方でした。それに逃げる途中でも政府軍が反政府軍や民間人に危害を加えている所を見たんですよ…どうもどっちが始めたかと言うのがあやふやで収集がつかないような感じにも思えました。
ヒューズ:…まさかな…じゃあどっちもどっちってやつか?確かなのか?
レナ:はい。数日前から潜伏してましたので政府軍と反政府軍の見分けはつきます。それに政府軍は有人機動兵器まで導入してますし反政府軍はかなりの抵抗を続けてる所を見るとどっちにも言い分があるような戦い方です。
ヒューズ:そうか…まぁ普通ならクーデターが起こるにしろいきなり政府軍もMS導入したりはしないよな。まして反政府軍ってのは政府軍以上に大義名分って言葉を重んじる組織だ。よほどの事がない限り一斉にそんな行動には出ないわな。
レナ:そこがいまいち不明な所なんですよ…その鍵となるのはやはり私達が調査していたあの工場にあるのではないかと考えてます。それに閉鎖されているはずの工場なのに変に人がうろついていたりあんな場所に急に現れた政府軍の事を考えたらつじつまが合うように思えます。
ヒューズ:…その調査していた工場が何かあるんだな…分かった。とりあえず掛け合ってみるよ。
(そう言って小型端末を取り出し連絡をする)

トーマス:(どうした?)
ヒューズ:(とりあえず目標は発見して今一緒にいる)
トーマス:(ならとりあえずこっちに戻って来い)
レナ:([端末を取る]…待って下さい)
トーマス:(何だ?キミは?)
レナ:(私は連合特殊部隊所属のレナーテ・ハインリヒ二等軍曹です。KSKの者です)
トーマス:(ご苦労だったな…何だ?)
レナ:(先程撤退要請をお聞きしましたが良ければこのまま調査を続行させて下さい)
トーマス:(あまりムチャはするな。後はこちらでカタをつける)
レナ:(私は今回の任務で仲間を失いました…なので仲間の為にも調査を続行させて下さい‼このままじゃ死んでいった仲間に申し訳が立ちません‼お願いします。私に調査の続行を…)
トーマス:(…………そこまで言うなら許可してやる。しかしムチャはするな)
レナ:(ありがとうございます‼)




編集 コピー 06/21 11:21
827) ヒューズ(連合軍特殊部隊)

>>826
ヒューズ:…まさかこんな所にこんな部屋があるなんてな…
ティンマン:大昔に建造された宗教団体や集団がセーフルームとして築いた部屋のようでここの住人も知らない人の方が多いようです。
ヒューズ:…あのさ。
ティンマン:何です?
ヒューズ:良かったら本名教えてくんねぇ?…ティンマンってのはどうも言いづらい。んでこの名前の由来って何なんだ?
ティンマン:あぁ…別に構いませんよ。この名前の由来は私は元々狙撃兵で使用する薬莢が真鍮製ではなくアルミ合金の薬莢をよく使っていたからなんです。アルミはキラキラするのでこの名前がついたんですね…私の本名はレナーテ・ハインリヒです。
ヒューズ:ドイツ人…あぁだからUSPでノーメックスのナックル付きグローブって訳か。んー…じゃあレナで良いか?
レナ:あぁお好きに…典型的な名前ですから誰からもそんな感じで呼ばれてます。あのぉ…
ヒューズ:ん?
レナ:何か食べ物持ってませんか?…何も食べてなくて…
ヒューズ:(少しふふっと笑って腰の裏のバッグからチョコバーを出す)…これで良いか?じゃあそれ食べ終わったらここの状況説明して貰えるか?
レナ:あぁありがとうございます…(少しブルブルと振るいながら受け取ると即がっつく)…アグアグアグ…
ヒューズ:……よっぽど腹減ってたんだな…美味そうに食べてる…
レナ:ふぅ……美味しかったです。ではお話します…実は私達は数日前からここにいるんですが大して何かが起こりそうな様子もなくこの内戦は急に始まったような感じでした。
ヒューズ:急に?
レナ:えぇ同時多発と言った感じでして私達がいた地点だけでなくそこら中の地区から一気に銃声が響いていて…

[レナは理由を話し始めた]

編集 コピー 06/08 00:29
目的別お相手検索
Hな掲示板!無料アピールで即日出会う

←*前へ 次へ#→

R書き込む検索~戻る


@Rand/(C)iBBS.JP